Installation method

浄水器設置方法

ビルボード背景色

HOME | 浄水器設置方法と設置例


RO浄水器の設置方法

ベラスアクアにお任せください

逆浸透膜浄水器は基本的に本体・貯水タンクをキッチン・シンク下に設置します。その際、専用の純水蛇口の穴、廃棄水のための穴を空ける工事をして取り付けます。さらに、浄水器を作動させるための電源を必要とします。賃貸マンションなど、穴を空ける等の工事ができない場合は、置型蛇口等を使用して設置することが可能です。これから新築で家を建てる場合などは事前にご連絡頂けますと、電源の位置の指定や浄水器の選定などでご相談をお受けすることが出来ます

RO浄水器設置概要図

①RO浄水器本体

キッチンのサイズによって機種をお選び頂きます。引き出し式のキッチンでも設置可能。

②ストレージタンク

タンクは現在2,5,7,10リットルよりお選び頂けます。引き出し式キッチンの場合は引出し部分に横に寝かせて設置します。

③フォーセット(浄水器専用蛇口)

蛇口は設置時に2,3種類よりお選び頂けます。基本的には水道水蛇口のようにシンクに穴を空けて設置します。

④電源

RO浄水器では電源を必要としています。コンセントの増設は弊社スタッフが行います。(電気工事士免許あり)これから新築する場合は事前にコンセントを設置することで見た目もキレイに取り付けることが出来ます。

⑤分岐水栓

浄水器専用のボールバルブを取付けます。ベラスアクアRO浄水器では安全装置が付いていますので、スイッチのオンオフでも止水することが出来ます。

⑥排水接続

RO浄水器では純水が造られると同時に排水も流れます。その排水を流し込むために、排水管に穴を空けてネジ切りし、接続部品を取り付けます。

VAコンパクト設置
浄水器用蛇口

浄水器設置手順

下記手順は一例です。キッチンの状況により、手順は変わります。設置の際は下見やキッチンの写真など送っていただくとスムーズに設置することができますので、ご相談ください。※下記手順は引き戸式キッチンを例にしています。

 

シンク下

キッチンシンク下に浄水器を置く位置を決めます。


 
穴あけ作業

浄水器用の蛇口を設置するための穴を開けます。


 
浄水器蛇口

 浄水起用蛇口を設置します。

 

排水穴あけ

排水トラップに排水部品のための穴をあけます


 
排水接続部品

排水部品を付けます。


 
給水分岐栓

給水用の分岐栓ボールバルブを付けます。

 

電源コード

浄水器用の電源を確保します


 
設置

本体を引き戸奥へ設置します


 
タンクに引き戸

タンクを引き戸部分に置き終了です。


【設置例】開き戸式キッチン

最もオーソドックスなキッチンである開き戸タイプの設置例です。開き戸の場合はどのタイプの逆浸透膜浄水器でも設置が可能ですが、シンク下のスペースや配管設備などによっては設置出来ない場合もありますので、よくご確認をお願い致します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

【設置例】引き出し式キッチン

最近増えてきた引き戸式のシステムキッチンへの設置例です。引き戸の場合は引き出しの奥に本体を設置して、タンクは引き出しの中に設置するのが多い施行例になります。ご購入の際は、事前に引き戸のタイプやサイズ、水道管の立ち上がり位置などが重要になりますので、ご相談ください。新築やリフォームなどでこれからキッチンを入れる場合は浄水器用の電源をシンク下に設置するとスムーズに逆浸透膜浄水器の設置ができます。

 
 
 
 
 
 

【設置例】賃貸物件など

アパートやマンションなどの賃貸物件では逆浸透膜浄水器の設置するための蛇口用の穴・排水用の穴を空ける工事ができない場合がほとんでです。その場合はRO水専用の置き型の蛇口を使用することで設置することが出来ます。その他排水に関しても見える場所にチューブが出てしまいますが、シンクに直接流し込む、又は排水口にジャバラ管を使用しているキッチンの場合は排水口にチューブを差し込みます。その他、賃貸物件の場合はご不安な点もあるかと思いますが、設置自体は可能となりますので、ぜひご相談ください。

 
 
 
 

Project

プロジェクト

News

ブログ・お知らせ

[%article_date_notime_dot%][%new:New%] [%title%]
[%lead%]